眼の構造と仕組み

眼の構造と仕組みレーシックは眼の手術ですから、眼の構造と仕組みについて事前に知っておくと知識として役立ちます。


眼の構造をおおまかに説明すると、表面に角膜、その内側にレンズのような水晶体、眼球の内部をうめる硝子体、眼球の一番奥に網膜があります。


目が見える仕組みは、眼に入る光が眼の表面の角膜で大きく屈折し、その内側の水晶体でさらに屈折して硝子体を通過していき、眼球の一番奥の網膜で焦点が合い、「見える」のです。


目が良い人は、水晶体を調節する筋肉の働きがなめらかで、水晶体が厚くなったり薄くなったりと柔軟に動くことで遠くを見ても近くを見ても網膜にしっかりと焦点が合います。目の悪い人は、水晶体の働きがなめらかでないために焦点が合わなくなっています。


近視や遠視、乱視などは水晶体を調節する筋肉が弛緩した状態で遠くを見たときに、どこに焦点があるかで違ってきているのです。


近くはよく見えるけど遠くは見えないという『近視』の場合は、焦点が網膜より手前で合ってしまっています。


近くはよく見えないけど遠くは良く見えるという『遠視』の場合は、焦点が網膜より奥で合ってしまっています。


どこを見ても2重3重に物が見えるという『乱視』の場合は、焦点が何個もばらばらにできてしまっています。


『老眼』というのは高齢化とともに水晶体が柔軟性を失い、また水晶体を調節する筋肉の力も弱まり、水晶体を厚くすることができなくなってしまうことで近くが見えにくくなる現象をいいます。