職業

レーシックと職業パイロットにはレーシックをした人はなることができませんので、パイロットになりたい人はご注意ください。LASEK(ラセック)という視力回復手術であれば、術後もパイロットに就業できます。


ただし、アメリカでは2007年からイントラレーシックなら、手術を受けてもパイロットとして働けるようになりました。いずれは日本もイントラレーシックなら手術してもパイロットになれるかもしれませんが、2009年現在では許可されていません。


鉄道運転士でもレーシックをしている人は運転してはいけないと、社内規定で定めている会社もあるようです。


運転する職業には制限されている場合があるようです。現在働いている方も、これから就こうと希望している方もレーシックをしても就業できるか、必ず関係機関に確認してみてください。


また格闘技など激しいスポーツも、手術で作ったフラップがずれる危険性があるので、通常のレーシックでは術後はできなくなるので、エピレーシックを受けることになります。


レーシックの手術してしまったら元には戻せません。事前に必ず調べて確認しておきましょう。