老眼が早まるってホント?

レーシックと老眼老眼とは加齢により眼の中のレンズである水晶体を調節する筋肉が衰えることなどで、近くに焦点を合わせることが難しくなり、近くが見えにくくなる状態をさします。


近視の人の場合は近くにしか焦点が合わないので遠くが見えにくくなっています。


近視の人の眼はもともと近くに焦点があうようになってしまっているので、老眼により水晶体を調節する筋肉が衰えてしまっていても手元が見えにくくはなりません。


その状態で、レーシックの手術をして焦点が正常に合うように矯正すると、老眼なので手元が見えにくくなり、老眼に気がつく、ということになります。


ですから、実は老眼でレーシックをしたら気がついた、ということはありますが、レーシックをしたから老眼が早まるということはありません。


レーシック前に老眼であることがわかっていれば、近視を少し残しておくと老眼の症状も軽く、老眼鏡を必要とすることはないそうです。