乱視の発症

レーシックの乱視発症レーシックの手術中に、エキシマレーザーの照射がずれることで乱視になります。


エキシマレーザーを照射するときには眼球を固定して目印となる光を見るのですが、目印の光をきちんと見ていなかったり、緊張して照射中に体勢を変えてしまったり、眼をそらせてしまったりすることで照射がずれることがあります。


最新のエキシマレーザーであれば眼球追尾システムというものが搭載されていて、角膜の動きに合わせて照射するので照射が大きくずれることはありません。


照射がずれてしまうとかなり強い乱視が発生し、再手術が必要になります。


ずれがなく照射されても、角膜が薄かったりドライアイがある場合には、角膜がゆがむことで乱視が発生することがあります。