レーシックの手術内容

レーシックの手術内容レーシックの手術は大きく3段階に分かれています。
まず手術前に眼を洗浄し、点眼で眼に麻酔をします。


第1段階はフラップの作成です。
角膜の表面を薄くけずり、一部はつながった状態にして、めくります。この削ってめくった部分をフラップと呼んでいます。


第2段階はエキシマレーザーの照射です。
エキシマレーザーとは生体組織にやけどをさせない、衝撃波のないレーザーです。角膜の表面のフラップをめくったら出てくる角膜実質中央にエキシマレーザーを照射することで角膜を切除します。


第3段階はフラップを戻します。
めくったフラップを元の位置に戻します。フラップは自然治癒力で1~2週間で接着します。


手術時間は個人差があり、もともとの視力の悪い人ほど時間が長くなりますが、手術室への入室から退室までおよそ10分から20分くらいです。