暗所での光の見え方異常 ハロとグレア

レーシックのハロとグレア暗い場所で光をみたときに光の周囲がにじんで見えることをハロ、光をまぶしく感じることをグレアといいます。


レーシックの手術後にフラップが完全に接着するまでは発生しやすく、通常は手術後3か月頃がピークで、その後は少しずつおさまっていきます。


ハロやグレアを感じている間は、他の自動車のライトなどのあかりがかなり眩しく感じられて運転に支障がでることがあります。夜間の自動車・バイク・自転車などの運転は控えた方がよいでしょう。


3か月を過ぎても症状がおさまっていかない場合は、瞳孔の大きさと照射領域に問題があると思われます。


というのは、ハロやグレアは、暗い場所で瞳孔が開く大きさよりもエキシマレーザーの照射領域の口径が小さくなっている場合にも症状が出るからです。


ですから、手術前に暗い場所での瞳孔の大きさを測定し、それよりも大きい口径でレーザーを照射してもらえば防げます。ただし、レーザーの照射口径を大きくすることは角膜の切除量を増やすことになるのでその他の危険が発生するので医師によく確認しましょう。


強度近視の場合はレーザーの照射口径を大きくすると角膜の切除量が増えてしまい、角膜が薄くなってしまうのでできないことがあります。


瞳孔の大きさは若い人ほど大きく、年をとると小さくなっていくので、若い人の場合はハロが残ることがありますが年齢を重ねることでおさまっていきます。