感染・角膜潰瘍

レーシックの感染・角膜潰瘍清潔でない環境で手術を行うと、感染して角膜炎・角膜潰瘍がおこります。


レーシックは手術ですので、清潔な環境・器具で行うものですが、衛生に配慮していない病院での感染症が発生しニュースにもなり、ご存知の方も多いかと思います。


角膜潰瘍とは、体の抵抗力の低下や角膜の傷口が原因で細菌などに感染する病気で、痛み、白目の充血、涙目などが症状としてでてきます。


治療は点眼で行いますが、自覚症状があるのに放置しておくなどして悪化させると、角膜に穴があいてしまい眼球内部にまで細菌が侵入して、失明してしまうこともある怖い病気です。


コンタクトのこすり洗いをしていない、水道水で洗っているなど管理が不十分な場合にもかかる病気です。