レーシック価格と交通の便

レーシック価格と交通の便レーシックは手術前の適応検査、手術当日、手術翌日・1週間後・1ヶ月後の健診の最低5回は通院が必要で、トラブルがあった場合にはさらに通院する必要が出てきます。


手術後が術後1時間程度で麻酔が切れ、痛みが出てくるので交通の便も気になります。遠方へレーシックの手術を受けに行く人の場合は特に気になるのではないでしょうか。


しかし、質のよい手術を受けられればトラブルはめったに起こらないわけですから、交通の便を一番に考えて眼科クリニックを選ぶのではなく、眼科クリニックの質で候補をある程度絞り込んだ後に考慮すれば良いと思います。

価格については、症例数が多い大手クリニックほど集客力があるので割安となっています。大手クリニックについては安心安全低価格ですが、流れ作業と言われればその通りです。


実際に受けた方で、ベルトコンベアに乗せられてるようだった、と話す方もいます。悪い意味ばかりではなく、それだけスタッフ全員が手慣れているということでもあります。


小規模であれば価格が高い場合もありますが、信頼できる医師に手術をしてもらうのが一番ですので、納得のできる価格であれば問題ありません。


あまりにも手術費用が安い場合は、飛びつかずによく調べてましょう。


何度も言いますが、レーシックは手術ですからそれなりの設備と環境が必要になるので、低価格の場合は何か大事なもの(衛生面など)を削っているかもと疑ってみてください。