白内障の手術ができなくなるの?

レーシックと白内障レーシックをしても白内障の手術はできます。ですが、レーシックを受けたことで白内障の手術の際に問題となることがあります。


まず、白内障という病気について簡単にご説明します。


白内障とは眼の中の水晶体が白く濁ってくる病気で、主に加齢とともに発症します。


軽症のうちは薬での治療となり、重症になった場合に手術を行います。手術は白濁した水晶体を取り除き、かわりに人工の眼内レンズを入れるというものです。


この眼内レンズを決める際に、レーシックをしていると角膜の形状が変わっているので、既存の計算式が使えないことからレンズの度数を決定しにくい、という問題点があります。


基本的にはレーシックをしても白内障の手術はできますが、手術をしても度が合わず、人工レンズを入れ変えるために再度手術を受ける必要がでてきてしまいます。