眼科専門医

レーシックと眼科専門医眼科クリニックを選ぶときに、信頼できる医師がいるところにしたいものです。


眼科クリニックの医師の技術や知識がどの程度かを知る手段はない中で、医師が眼科専門医かどうかというのは一つの判断材料になります。


医師とは、国家試験に合格し、医師免許をもっている人です。


日本の医師法によれば、その医師免許を取得していれば、特に経験を積まなくても特別な技術や知識がなくても眼科医として開業できます。


極端な話をすれば、大学卒業後に医師免許を取得したらすぐ眼科を開業できるのです。


これではさすがに色々と問題が起こりそうです。そこで、日本眼科学会には眼科専門医という制度があります。


この眼科専門医、取得するには眼科専門医資格試験に合格しなければいけないのですが、その試験を受けるための受験資格をまず取得しなければいけません。


1.医学部卒業後に眼科で5年以上の研修を受ける

2.眼科手術の執刀医(助手は不可)として100件以上手術をする

3.定められた数の眼科の論文発表や学会報告


1~3を全て終わらせて初めて受験資格を取得できます。
その後に眼科専門医資格試験を受験し合格して初めて眼科専門医になれるのです。


医師が免許などを掲示していないので眼科専門医かどうかわからない場合は、日本眼科学会のホームページで調べることができます。


大手クリニックの場合、事前に相談する医師と執刀医は別なことが多くあります。
執刀医が眼科専門医であるか、医師を指名できるかなどは眼科クリニックに確認しましょう。