ドライアイ

レーシックとドライアイレーシックではレーザーで角膜を切除する際に涙腺も一緒に切られてしまうことで、一時的にドライアイの症状がでることもありますが、涙腺も再生するので1か月くらいで治っていきます。


レーシック前からドライアイの症状がある人の場合には、まれに重い症状になってしまうことがあります。


ドライアイが悪化すると眼が痛くなったり傷つきやすくなり、角膜に傷がついたことが原因となって角膜炎を起こして一時的な乱視が発生することもあります。


ドライアイが重症化してしまった場合にはまずは点眼治療をし、必要なら涙点プラグというものを装着することで治します。


ドライアイの原因としてはレーシック以外にも、コンタクトレンズの長期使用、二重瞼の手術を受けた、パソコンの長時間使用、気圧の低い場所での勤務などもあります。